当サイトや記事の感想や共有をブログ等で綴って下さった方はわたくしのTwitterアカウントで拡散致します。TwitterのDMまでご連絡ください。

 

FX 資産100倍 手法と期間を逆算

 

 

 

FXやトレードを皆さんは何の為にやっていますか?

 

殆どの方は「収益を上げる為」ですよね

 

 

利益を追求するに当たって資産を10倍、100倍と増加させる事は初心者でも玄人でも誰しもが考えた事はあるはずです。

 

 

一見、ただの絵空事で非現実的に思えそうな資産を100倍にする。と言った目標も実際にゴールラインから逆算して考える事で現実味を帯びてきます。

 

3つの重大要素

  1. 試行回数
  2. 凡そのかかる日数
  3. プロフィットファクター

 

 

ただ闇雲に、漠然と目標を掲げるのではなく

 

明確化し数値を元に、自分にとって現実的な「数値」を考えてみましょう

 

 

普段市況しているハッシュタグ

#たまには市況してもいいよねいいでしょ 

・オプション
・国債/金利
・チャート
・需給や強弱まで

画像やメディアに残しながら幅広く思考のカードを活かして市況しています。

資産を増加させる2種類の方法

 

 

取引をする上で欠かせないのが資産の運用方式です。

資産増加の大事なステップ

  1. 単利運用
  2. 複利運用

 

 

これにより中長期的に見た時の資産形成までの「スピード」が大幅に変わってくるからです。

 

 

ここでは単利運用のみならず、複利運用の重要性とその速度を現実的な数値を元に理解していきましょう。

 

種類①単利運用

 

 

言うまでもありませんが単利運用は、自分の投入資金に対して一定の資本率で取引の成果に関わらず取引量を変動させずにトレードを行う運用方法です。

 

 

例えば自己資本10万円でトレードを初めて1万通貨でトレードを始めた場合、常に1万通貨で=単利でトレードを繰り返し試行回数を重ねていきます。

 

 

種類②複利運用

 

 

 

複利運用は単利運用と違い、トレードで増えた利益をそのまま資本として活用することで資本に比例する様に取引量を可変させる運用方法です。

 

 

単利と違って資産が増加する程に雪だるま式に取引量が増えていきますから、金額が増えれば増える程その大きさは無視の出来ないものへとなっていきます。

 

 

 

複利で資産100倍までの試行回数早見表

 

 

下記は、プロフィットファクター(リスクリワード)毎の資産が100倍になるまでの試行回数の早見表です。

 

現実的なトレードのパフォーマンスを鑑みて最大で1.1(10%増加)までの試行回数を載せています。

 

リスクリワード試行回数
1.01463回
1.02233回
1.03156回
1.04118回
1.0595回
1.0680回
1.0769回
1.0860回
1.0954回
1.149回

 

 

 

表の数値で見ると分かりやすいですがあくまでも理想論とは言えプロフィットファクターが1.05を超えて来ると取引回数が100回を切ってきます。

 

 

 

皮算用にはなってしまいますが、

仮に1日平均2回程度のデイ~スイングトレードで1ヶ月で20営業日市場に参画したとしましょう。

 

その場合1ヶ月辺りの取引は計40回となり、3ヶ月続けた場合120回となります。

 

 

勿論損切や上手くいかないトレードもありますから、とんとん拍子では続きませんが仮に半年続けた場合、240回の取引となります。

 

半年で100倍とまではいかなくても240回も取引機会があればより複利を活かして加速度的に資本を増加させることも、努努不可能ではないなとより現実的に思えてきますよね。

 

 

 

取引手法の「引き出し」を増やそう

 

 

単利よりも「複利」そしてプロフィットファクターと試行回数の重要性が理解出来た上で

次に意識していくのはトレードのやり方に対する「引き出し」です。

 

 

引き出し①ピラミッディング

 

 

単利よりも複利の方が資本増加率が高い様に、一連のトレードの中でも「機会と流れをしっかりと掴む」事は利益追求をする上で非常に合理的な手段です。

 

その引き出しの1つとして挙げられるのが複合したポジションによって利益追求を行うピラミッディングです。

 

 

使用出来る地合い

  1. トレンド相場では非常に有利
  2. レンジ相場では扱いにくい

 

 

 

損小利大が大切ということは今までの取引やネットの情報の中で周知の事実だとは思いますが、複合的にポジションを構築するこの手法では

 

「損小利特大」或いは「損無利特大」といった極限まで防御を固めた状態で利益追求を実行出来る点が優れています。

 

 

地合いだけでなく、確かな判断力も問われるまさに相場に対する理解度が試されるこのやり方も、覚えることで非常に大きな武器へと昇華します。

 

 

ピラミッディング手法をFXで覚えて加速度的に利益追求するコツ

複利と流れを最大限活用するピラミッディング手法をFXで覚えて加速度的に利益追求するコツ

 

 

 

引き出し②通貨強弱

 

 

複利を活用して試行回数を多くトレードをする場合、どうしても中期的なスイングトレードよりもデイトレード等比較的時間軸の少ないものを好む傾向が強くなる場合があります。

 

 

純粋に取引機会が増えるだけでなく、加速度的に資本を増加させることが出来るのが相性の良い理由の一つです。

 

 

そんな短い時間軸でのトレードを主軸とする場合「通貨強弱」を用いた手法を取り入れることでより「期待値の高い取引」へと進化します。

 

精度と確度を高めれる秘密

  1. 現状一番効率の良い通貨ペアが瞬時に分かる
  2. 市場全体のフローや流れを見渡せる
  3. 市場参画者の思惑を読みとれる

 

 

 

 

 

 

短期トレードを最適化【FX手法】通貨強弱を意識してトレードを効率良く上達させるコツ

 

 

 

実際に自分の目標を逆算して考えてみよう

 

 

自分で実際にゴールまでの逆算を行うことで、より目標を明確化することはモチベーションの向上に繋がります。

 

自分の理想とするペースでいつになったら目標に到達出来るのか気になったことはありませんか?

 

 

そこで有用な計算が出来るのが「皮算用くん」です。

 

明確化する重要性皮算用くんサイト

FX 資産を100倍にする計算

 

 

自分の投入資金を日/週/月の3つのペースの中から何%の割合で増加させていくのかを打ち込むこで瞬時に計算され、その複利で「1億円」に到達するまでの時間を現実的に導いてくれる

優れモノです。

 

 

最終的には皮算用となってしまうので連日連勝無敗。ということはあり得ませんが具体的に今の自分からどこまでいけるのか?どのペースで行っていけば目標に到達出来るのか?を読み取れることはモチベーションのみならず日々のトレードに対する姿勢を根本から変えてくれます。

 

 

自分の取引手法と武器をより横に広く伸ばしながら、1歩ずつ夢の階段を駆け上がっていきましょう。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事